『「文明の衝突」はなぜ起きたのか』 薬師院仁志著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「文明の衝突」はなぜ起きたのか──対立の煽動がテロの連鎖を生む

『「文明の衝突」はなぜ起きたのか──対立の煽動がテロの連鎖を生む』

著者
薬師院仁志 [著]
出版社
晶文社
ISBN
9784794968289
発売日
2017/01/20
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『「文明の衝突」はなぜ起きたのか』 薬師院仁志著

[レビュアー] 産経新聞社

 西欧はイスラム過激派によるテロの恐怖にさらされ続けている。それは「文明の衝突」というものなのか。《ある文明と他の文明との間の隔たりは、本当に共存不能なほど大きいのだろうか》と問題提起する著者は、北アイルランドのIRAやスペインのETAのテロを引きながら、《二〇世紀後半のテロを少し振り返れば、その原因を宗教や民族性に還元できない…文明の衝突を必然視してはならない》と述べる。

 テロを終わらせる道は、貧富の差が、公正な競争の結果ではないという現実を見つめ、それを徐々にただしてゆく以外にないのだ。(晶文社・1600円+税)

産経新聞
2017年2月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加