これはうまい、読まざるをえない

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オムライスの秘密 メロンパンの謎

『オムライスの秘密 メロンパンの謎』

著者
澁川 祐子 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784101206813
発売日
2017/01/28
価格
637円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

これはうまい、読まざるをえない

[レビュアー] 図書新聞

 カレー、餃子、牛丼、ナポリタン、インスタントラーメン、コロッケ、お好み焼き、冷やし中華……。目次を見て、「こ、これはまずい、読まざるをえない」と思ったが、すぐに思い直した。「これはまずい、じゃなくて、これはうまい、か」。いま挙げたような「定番」、「人気メニュー」はどのようにして誕生し、定着したのか。徹底した文献調査からそれを明らかにしていく本書の道行きは、ありそうでなかった。文章も平明。「ナポリタンの麺はなぜ柔らかいのか」「メロンパンはなぜ『メロン』なのか」「東郷平八郎が肉じゃがの発案者という説は本当か」「焼肉の日本化を進めたものは何か」など、瑣末なことにも思えるが、実は事の核心をつく発見が満載。あーお腹すいた。(2・1刊、三六八頁・本体五九〇円・新潮文庫)

図書新聞
2017年3月4日号(3293号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加