『役に立たない読書』林望著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

役に立たない読書

『役に立たない読書』

著者
林 望 [著]
出版社
集英社インターナショナル
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784797680096
発売日
2017/04/07
価格
778円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『役に立たない読書』林望著

[レビュアー] 産経新聞社

 作家、国文学者の著者が初めて記した読書論。仕事、生活に役立てたい、情報を知りたいなど、近頃の人びとは読書に実用的な価値ばかりを求めていないか。素朴な疑問から出発し、書物を味わう本来の楽しみ方を説いていく。

 「図書館では本を読めない」「記憶にとどめる読書法」など興味をひかれるテーマが並ぶ。そして、古書や古典への誘いの章には、読書の原点であり、根幹にある読むことの楽しみが紹介される。

 最終章では書籍の未来について述べ、日本で電子書籍が普及しない理由など巧みな分析を披露する。(インターナショナル新書・720円+税)

産経新聞
2017年5月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加