【児童書】『月学 伝説から科学へ』縣秀彦監修、稲葉茂勝著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月学

『月学』

著者
県 秀彦 [著]/稲葉 茂勝 [著]/縣 秀彦 [監修]
出版社
今人舎
ISBN
9784905530688
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『月学 伝説から科学へ』縣秀彦監修、稲葉茂勝著

[レビュアー] 産経新聞社

 もうひと月半ほどで中秋の名月。先史時代から世界中の人々がその周期を生活の基準とし、人類が初めて降り立った地球外天体でもある月について、文理両面から解説する。

 月齢の一つ一つに付けられた雅(みやび)な和名は、古来日本人もまた月を詳細に観察し続けてきたことの証しでもある。国語の授業で古典を学ぶ際にも、月についての基本的知識があれば理解が深まるのは間違いない。(今人舎・1800円+税)

産経新聞
2017年8月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加