演劇プロデューサーという仕事 [著]細川展裕

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

演劇プロデューサーという仕事

『演劇プロデューサーという仕事』

著者
細川 展裕 [著]
出版社
小学館
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784093897808
発売日
2018/10/25
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

演劇プロデューサーという仕事 [著]細川展裕

[レビュアー] 週刊新潮

紀伊國屋ホールの場所も知らなかった青年が、幼なじみの鴻上尚史に誘われてプロデューサーになった。以来、「第三舞台」と「劇団☆新感線」を牽引して35年。本書は自伝であり、二つの劇団の活動史でもある。興行としての演劇の舞台裏は、芝居よりも劇的だ。

新潮社 週刊新潮
2018年12月20日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加