[紀伊國屋じんぶん大賞2019 第7位]ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと

『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』

著者
奥野 克巳 [著]
出版社
亜紀書房
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784750515328
発売日
2018/05/24
価格
1,980円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと

[レビュアー] 池田匡隆(紀伊國屋書店・広島店)

【選 池田匡隆】
 プナンの人々は反省しない。反省も感謝もない。時間の概念さえないストレスのない生活は、精神病・こころの病とも無縁らしい。現代社会を生きる私たちには守るべきモノ・しがらみが多い。どちらが善い悪いではなく、欲を捨て本質を生きる彼らを「羨ましい」と思うのは私だけだろうか。

紀伊國屋じんぶん大賞2019の全ラインアップは公式サイトで!

紀伊國屋じんぶん大賞2019

「紀伊國屋じんぶん大賞」は、「読者の皆さまと共に優れた人文書を紹介し、魅力ある『書店空間』を作っていきたい」との思いによって立ち上げられた人文書の賞。一般読者の方々からいただいたアンケートを元に、出版社、紀伊國屋書店社員による推薦を加味して事務局にて集計し、ベスト30を選定している。
※2017年12月~2018年11月(店頭発売日基準)に刊行された人文書を対象とし、2018年11月1日(木)~11月30日(金)の期間にアンケートを募りました
※当企画における「人文書」とは、哲学・思想/心理/宗教/歴史/社会/教育学/批評・評論に該当する書籍(文庫・新書含む)としております
※推薦コメントの執筆者名は、一般応募の方は「さん」で統一させていただき、選考委員は「選」 、紀伊國屋書店一般スタッフは「所属部署」を併記しています

紀伊國屋書店
2019年3月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

紀伊國屋書店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加