【児童書】『スティーブン・ホーキング』キャスリーン・クラル、ポール・ブルワー文ボリス・クリコフ絵、さくまゆみこ訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スティーブン・ホーキング

『スティーブン・ホーキング』

著者
キャスリーン・クラル [著]/ポール・ブルワー [著]/ボリス・クリコフ [イラスト]/さくま ゆみこ [訳]
出版社
化学同人
ジャンル
歴史・地理/伝記
ISBN
9784759821451
発売日
2021/06/22
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『スティーブン・ホーキング』キャスリーン・クラル、ポール・ブルワー文ボリス・クリコフ絵、さくまゆみこ訳

[レビュアー] 産経新聞社

車いすの物理学者として知られるスティーブン・ホーキング博士の伝記絵本だ。

ホーキング博士は21歳のとき、全身の筋肉が徐々に動かなくなる「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」と診断され、医師から余命2年を宣告される。それでも、家族や仲間の協力を得ながら好奇心を持ち続け、ブラックホールをはじめとした宇宙についての大発見をする。

体が不自由でも、頭の中は自由で探求心を忘れなかった博士の生き方は、人生が可能性に満ちていることを教えてくれる。(化学同人・1980円)

産経新聞
2021年8月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加