『昭和モダン 広告デザイン1920―30s』青幻舎編集部編

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和モダン 広告デザイン 1920-30s

『昭和モダン 広告デザイン 1920-30s』

著者
青幻舎編集部 [編集]
出版社
青幻舎
ジャンル
芸術・生活/芸術総記
ISBN
9784861528743
発売日
2022/07/07
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

『昭和モダン 広告デザイン1920―30s』青幻舎編集部編

[レビュアー] 産経新聞社

大正後期から昭和初期にかけて、都市を中心に洋風の生活文化が花開いた。いわゆる「昭和モダン」だ。街にはしゃれた洋品店にフルーツパーラー、カフェやバーなどが立ち並び、ポスターやチラシが行き交う人々の目を引いた。

「デザイン」という言葉はまだ広く浸透しておらず、当時は「商業美術」と呼ばれた。本書はポスターや包装紙、マッチラベル、販促用カレンダー、紙面広告など200点超の作例を紹介。

情報やワクワク感をどう伝えるか。表現者らの工夫が詰まった作品は、今見ても新鮮だ。『昭和モダン 看板デザイン1920-30s』も同時刊行。(青幻舎・2420円)

産経新聞
2022年7月31日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加