[紀伊國屋じんぶん大賞2017 第3位]道徳感情はなぜ人を誤らせるのか―冤罪、虐殺、正しい心―

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道徳感情はなぜ人を誤らせるのか―冤罪、虐殺、正しい心―

[レビュアー] 山本護(紀伊國屋書店・熊本はません店)/竹田勇生(紀伊國屋書店・西武渋谷店)

【山本護・熊本はません店】
 一次資料を丹念に紐解く過程をもとに、昭和における冤罪事件は人間の〈感情〉と〈認知バイアス〉の仕組みに起因すると解く。一方、そのような図式化された理解にこそ警鐘を鳴らすことも忘れていない。多角的な視野と視座によって事象を捉え、内省し、これからの長い道を歩く上で傍らに抱えたい労作である。

【竹田勇生・西武渋谷店】
「清く、正しく、美しく。」道徳感情のはきだめと言って差し支えないSNS社会。誰もが無自覚的にそうあろうとすることは寧ろ喜ばしいことでありながら、口舌の刃の容赦のなさには恐怖と享楽が付きまとう。浜松事件、二俣事件を紐解いていく過程でこれまた無自覚的に発生する間接互恵性を見る事は上述の現代社会と奇妙にリンクしており、それはアダム・スミスの〈公平な観察者〉の進化した一形態であることまで示唆している。

紀伊國屋じんぶん大賞2017の全ラインアップは公式サイトで!

紀伊國屋じんぶん大賞2017

紀伊國屋書店
2017年2月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

紀伊國屋書店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加