『よくわかる祝詞読本』瓜生中著

レビュー

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくわかる祝詞読本

『よくわかる祝詞読本』

著者
瓜生 中 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
哲学・宗教・心理学/宗教
ISBN
9784044002534
発売日
2017/08/25
価格
864円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『よくわかる祝詞読本』瓜生中著

[レビュアー] 産経新聞社

 日本古来の神々に対する信仰には、仏教の仏典やキリスト教の聖書など拠(よ)り所(どころ)となる聖典がない。一方、神に最大限の敬意を払い、神前で読まれるのが祝詞(のりと)だ。

 〈掛けまくも畏(かしこ)き(心に思い浮かべるだけでも恐れ多い)〉と始まる祝詞とは何か。その役割、歴史、文の構成を解説し、神社例祭、七五三詣(もうで)、商売繁盛など24の例文と現代語訳も収録されている。

 知っているようで知らない「神道の基礎知識」で祭礼や神話、神々の関係なども確認、二礼二拍手一礼、賽銭(さいせん)、祈願の作法などもチェックできる。年末年始に向けて読んでおきたい。(角川ソフィア文庫・800円+税)

産経新聞
2017年11月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加