【児童書】『ツリーハウスがほしいなら』

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツリーハウスがほしいなら

『ツリーハウスがほしいなら』

著者
カーター・ヒギンズ [著]/エミリー・ヒューズ [イラスト]/千葉茂樹 [訳]
出版社
ブロンズ新社
ISBN
9784893096449
発売日
2018/04/12
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『ツリーハウスがほしいなら』

[レビュアー] 横山由紀子

■非日常の世界にワクワク

 木の上に家を建てて暮らす-。想像するだけで、ワクワクしてしまう。

 そんな夢と野趣あふれるツリーハウスを、少年少女が手づくりするストーリー。米ロサンゼルス在住の小学校図書館員が書き下ろし、英国在住のイラストレーターがみずみずしい絵を描いた。

 ひしめき合う木々の中からどれを選び、どんな家をつくるのか。あれこれ思案するのも楽しい。

 できあがったツリーハウスは、ただの家ではなく、独創性と遊び心にあふれている。川のほとりに立つ大木の枝には、ロープでできたブランコが用意され、川面すれすれにブランコをこぐスリルが味わえる。岩場に立つ木の上には、はしごをかけた図書館を開設し、勉強も忘れない。

 おなかがすいたら、メープルの木にくぎを打ち込んでシロップを採取。夜には、背の高い木のてっぺんに建てた家でロマンチックな天体観測も。

 非日常の世界にひたれて、想像力を育んでくれる一冊だ。(カーター・ヒギンズ作、エミリー・ヒューズ絵、千葉茂樹訳/ブロンズ新社・1400円+税)

 横山由紀子

産経新聞
2018年5月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加