<東北の本棚>四季折々の東北も堪能

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「乗り鉄」教授のとことん鉄道旅

『「乗り鉄」教授のとことん鉄道旅』

著者
宮村一夫 [著]
出版社
潮出版社
ISBN
9784267023033
発売日
2021/08/20
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

<東北の本棚>四季折々の東北も堪能

[レビュアー] 河北新報

 東京理科大理学部教授の著者の趣味は鉄道の旅。普段は「分子配列の制御と観察」を研究し、多忙な業務の合間を縫いながら1998年にJR、2011年に私鉄の全線完全乗車を果たした筋金入りの「乗り鉄」だ。ここまでくるともはやライフワークである。

 そんな鉄道をこよなく愛する「てっちゃん先生」は、14年からNHK「ラジオ深夜便」のコーナー「旅の達人 全国鉄道紀行」に出演し、鉄道旅行の魅力や極意を語ってきた。本著は20年までの放送内容を季節ごとにまとめて紹介する。

 てっちゃん先生は東北の路線の魅力に「風景」を挙げる。四季折々に山と川の織りなす美しさを堪能できるJR仙山線、田園風景が広がるJR左沢線、ウサギ駅長「もっちぃ」でおなじみの山形鉄道フラワー長井線。旅のお供にはもちろんうまい駅弁が必須だ。

 東日本大震災で被害を受けた太平洋沿岸部の路線にも心を寄せる。JR石巻、仙石の各線、三陸鉄道リアス線を度々訪れ復興を肌で感じてきた。

 時に乗り遅れ、カメラを座席に忘れることもあるが、それも一興。てっちゃん先生との紙上旅行は、気軽に遠出できる日を切望する私たちの心を慰めてくれるはずだ。(長)
   ◇
 潮出版社03(3230)0741=1650円。

河北新報
2022年1月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

河北新報社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加