【気になる!】文庫『わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」』与那原恵著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わたぶんぶん  わたしの「料理沖縄物語」

『わたぶんぶん  わたしの「料理沖縄物語」』

著者
与那原 恵 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784065276488
発売日
2022/04/15
価格
682円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」』与那原恵著

[レビュアー] 産経新聞社

「わたぶんぶん」は、沖縄の言葉で「おなかいっぱい」。本書は、沖縄にルーツを持つノンフィクション作家が、食にまつわる思い出をつづったエッセー集だ。沖縄本土復帰50周年に合わせて文庫化された。

長い時間をかけて落花生をすりつぶして作る「じーまみ豆腐」。豚の三枚肉をコトコトと炭火で煮込んだ「らふてぇ」。炒め物の味を決めるのは、豚の脂身を大量に鉄鍋でとろとろ煮詰めた「あんだぁ」。

手間のかかった料理は、どれも作り手との思い出につながっている。穏やかな時間の流れを感じる。(講談社文庫・682円)

産経新聞
2022年5月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加