【児童書】『ルイの冒険』南部和也・文、宇野亞喜良・絵、田島征三・友情共作

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルイの冒険

『ルイの冒険』

著者
南部 和也 [著]/宇野 亜喜良 [著]/田島 征三 [著]
出版社
講談社
ジャンル
芸術・生活/諸芸・娯楽
ISBN
9784065293010
発売日
2022/09/28
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『ルイの冒険』南部和也・文、宇野亞喜良・絵、田島征三・友情共作

[レビュアー] 黒沢綾子

■巨匠2人の絵が魅力

子猫のルイとココとジタンは仲良し。3匹でかくれんぼをしていたある日、ルイは得意顔で馬車の荷台に隠れたものの、ウトウトと眠りこんでしまった。馬車はゆっくりと動き、目を覚ましたルイは、初めての風景に目を丸くする。

ほのかに感じる、なつかしい空気。「この森のさきにきっとぼくのおうちがあるんだ」。かわいい子猫の冒険が始まる-。

物語の作者、南部和也さんは都内で猫専門の病院を営む獣医師であり、これまでも『ネコのタクシー』などのネコ絵本を世に送り出してきた。

物語をいきいきと動かす絵が何と言っても魅力的。88歳の宇野亞喜良(あきら)さんと82歳の田島征三さんという巨匠アーティスト2人がタッグを組んだ。南部さんが宇野さんの飼い猫の主治医であり、かつ田島さんのおいでもある関係性から、奇跡の共作が実現したという。

子猫をしなやかに繊細に描く宇野さんと、力強いストロークで全体に勢いをつける田島さん。個性が融合し、唯一無二の絵本が出来上がった。(講談社・1760円)

黒沢綾子

産経新聞
2022年10月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加