『掴むひと 逃すひと』竹由喜美子著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都花街の芸舞妓は知っている 掴むひと 逃すひと

『京都花街の芸舞妓は知っている 掴むひと 逃すひと』

著者
竹由 喜美子 [著]
出版社
すばる舎リンケージ
ジャンル
社会科学/社会科学総記
ISBN
9784799106273
発売日
2017/08/16
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『掴むひと 逃すひと』竹由喜美子著

[レビュアー] 産経新聞社

 「おもてなしの最高峰」京都花街の芸舞妓(まいこ)として10年以上、一流の経営者らに接してきた著者。その経験から学んだ「ひとの気持ちや成功に至るチャンスを掴(つか)む」48の心構え、習慣を指南する。

 《時間を守る》《「自分のことば」で語れるように》など当たり前でも難しいことから《いかにものを知らないかを知るのが読書》《貧乏は許せるが、貧乏くさいのは許せない》《(歩きスマホの)「検索」よりも「思索」を大事に》など納得の言葉が続々…。

 未来の自分のために、いまを「懸命に」生きることの大切さを痛感させてくれる。(すばる舎リンケージ・1500円+税)

産経新聞
2017年10月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加