【ビジネスパーソンの必読書】『戦争と農業』藤原辰史著

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦争と農業

『戦争と農業』

著者
藤原 辰史 [著]
出版社
集英社インターナショナル
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784797680157
発売日
2017/10/06
価格
778円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【ビジネスパーソンの必読書】『戦争と農業』藤原辰史著

[レビュアー] 産経新聞社

■即効より即興を

 二つの世界大戦で使われた兵器には、民間の技術、主に農業の技術が応用されたものがある。逆に、兵器の技術が戦後に民間利用されることもあった。たとえば戦車はトラクター、銃に使われる火薬は化学肥料の技術がもとになって発明された。毒ガスは戦後、農薬に平和利用された。

 本書は、そうした技術に共通する「即効性」に注目して社会を論じていく。マニュアル通りに使用すれば効果が得られる技術には、環境や皮膚感覚などに応じて手順や力加減を調整する「即興性」は必要とされない。

 京都大学准教授の著者は、農業や軍事だけでなく、政治や教育を含む現代社会のさまざまな面に「即効性」の原則があると指摘。社会の硬直化を防ぐには、即興性や「遅効性」を重視すべきだと説く。

 AI(人工知能)やVR(仮想現実)などは、即興性を取り戻そうとする最新技術にも思える。こうした軸でテクノロジーの進化を見つめ直すのも興味深い。

産経新聞
2017年12月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加