『アフリカンプリント 京都で生まれた布物語』

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフリカンプリント

『アフリカンプリント』

著者
並木誠士 [著]/上田文 [著]/青木美保子 [著]/京都工芸繊維大学 美術工芸資料館 [監修]
出版社
青幻舎
ISBN
9784861527296
発売日
2019/05/30
価格
2,700円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『アフリカンプリント 京都で生まれた布物語』

[レビュアー] 産経新聞社

 アフリカの人々の装いといえば、花や鳥や幾何学模様といった鮮やかなプリント綿布のイメージが強い。主に西アフリカで着られている「ワックス・プリント」、東アフリカで愛されている「カンガ」など、一口にアフリカンプリントといっても種類はさまざまで、その歴史も欧州による植民地支配が複雑に関わっている。

 そんなアフリカンプリントの布が1960~70年代を中心に、京都でつくられ、アフリカに輸出されていたというのは驚きだ。日本製アフリカンプリントが生まれた背景を、当時の生地見本など貴重な資料とともに紹介している。(並木誠士、上田文、青木美保子著/青幻舎・2500円+税)

産経新聞
2019年6月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加