【気になる!】新書 『日本人が誤解している東南アジア近現代史』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人が誤解している東南アジア近現代史

『日本人が誤解している東南アジア近現代史』

著者
川島 博之 [著]
出版社
扶桑社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784594084226
発売日
2020/03/03
価格
1,012円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書 『日本人が誤解している東南アジア近現代史』

[レビュアー] 産経新聞社

 ベトナムと朝鮮半島。ともに大戦後、東西冷戦で分断国家となった。中国と陸続きで歴史的に濃厚な関わりもあったが「対中国観」はまるで違う。事大主義で中国に従属してきた朝鮮に対し、ベトナムは戦い続け、膝を屈せず、今も「中国人が大嫌い」らしい。

 朝鮮は統治した日本とも戦わず、常に強い者に従ってきた生き方は「民族の心根を腐らせてしまう」と著者は見る。とことん戦っていない引け目が、ときにヒステリックに暴発するのだ。知られざる東南アジアの歴史と文化の実相をひもとく一冊。(川島博之著、扶桑社新書・920円+税)

産経新聞
2020年3月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加