『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』三砂ちづる著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女たちが、なにか、おかしい

『女たちが、なにか、おかしい』

著者
三砂ちづる [著]
出版社
ミシマ社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784903908878
発売日
2016/11/26
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』三砂ちづる著

[レビュアー] 産経新聞社

 渡辺京二氏の言う「生の原基」を人生のテーマとする著者が、そこから離れて生きる現代女性に疑問を投げかける。「生の原基」とは、女性の健康を専門とする著者によれば、「人が生まれ、次の世代を残して死ぬということ」だ。人類は「生の原基」を強化する形で文明をつくってきたが、20世紀後半からの文明は、それと敵対するようになった。過激なフェミニズムもそうだ。

 〈「人間が産んで増えて死ぬ」ことの基本が担保されているからこそ、(生き方、セクシュアリティーの)多様性も認められる〉との指摘は重要だ。(ミシマ社・1600円+税)

産経新聞
2017年1月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加