渕書店 BOOKSTORE FUCHI「何回読んでも難解か(叱らないでください)?」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渕書店 BOOKSTORE FUCHI「何回読んでも難解か(叱らないでください)?」【書店員レビュー】

[レビュアー] 渕書店 BOOKSTORE FUCHI(書店員)

フロイト、ユングと並び称される心理学者アドラー。その考え方が、それを提唱する「哲人」と劣等感のかたまりである「青年」の対話を通じて明らかにされてゆき、「青年」を悩みから救う。つまり、「哲人」がアドラー役、「青年」が読者役といった役割を果たしているわけである。「青年」は最終的にアドラー哲学に目覚め解放されるのでより近い位置に立てる読者にはこの上もない貴重な本になるだろう。
1回読んでもその理論を咀嚼できたかというとダメって読者でした。『他者を仲間だと見なし、そこに「自分の居場所がある」と感じられることを、共同体感覚といいます(本文)』この概念と「共同体感覚」というネーミングは素敵だなと心に残りました。

トーハン e-hon
2015年4月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加