[紀伊國屋じんぶん大賞2018 第6位]勉強の哲学―来たるべきバカのために―

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強の哲学 来たるべきバカのために

『勉強の哲学 来たるべきバカのために』

著者
千葉 雅也 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784163905365
発売日
2017/04/11
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

勉強の哲学―来たるべきバカのために―

[レビュアー] 相澤哲洋(紀伊國屋書店・福岡本店)

【相澤哲洋・福岡本店】
 勉強とは自己と向き合い、己を高める行為であると同時に、他者との関係性に変化をもたらす可能性を秘めた危険な行いであること。それまでの自分との決別を経て、「一周回って」バカになれるか?

紀伊國屋じんぶん大賞2018の全ラインアップは公式サイトで!

紀伊國屋じんぶん大賞2018

紀伊國屋書店
2018年2月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

紀伊國屋書店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加