『オランダ絵画にみる解剖学』フランク・イペマ、トーマス・ファン・ヒューリック著 森望、セバスティアン・カンプ訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダ絵画にみる解剖学

『オランダ絵画にみる解剖学』

著者
フランク イペマ [著]/トーマス ファン ヒューリック [著]/森 望 [訳]/セバスティアン カンプ [訳]
出版社
東京大学出版会
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784130860611
発売日
2021/01/26
価格
6,380円(税込)

書籍情報:openBD

『オランダ絵画にみる解剖学』フランク・イペマ、トーマス・ファン・ヒューリック著 森望、セバスティアン・カンプ訳

[レビュアー] 産経新聞社

集団肖像画にまつわる謎解き本だ。本書によると、オランダの巨匠レンブラントが前腕解剖の講義実習を描いた「ニコラス・テュルプの解剖学講義」は外科組合の役員の集団肖像画である。

外科組合は定期的に講義を開催することを誇りにしていた。1601~1758年に組合のために制作された集団肖像画18点のうち9点は解剖学が主要テーマ。外科医に囲まれて解剖する人物、刑死した犯罪者の遺体、解剖された人体の一部が描かれている。描かれた人物は誰か。犯罪者が犯した罪は。当時の医学の課題は。美しいカラー図版から外科学の黎明(れいめい)期をひもとく。(東京大学出版会・6380円)

産経新聞
2021年8月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加