『金魚酒』深堀隆介著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金魚酒

『金魚酒』

著者
深堀隆介 [著]
出版社
芸術新聞社
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784875866466
発売日
2022/07/07
価格
2,750円(税込)

書籍情報:openBD

『金魚酒』深堀隆介著

[レビュアー] 産経新聞社

金魚を描く美術作家の作品集だ。枡(ます)の中に金魚が入った代表作「金魚酒」シリーズの20周年を記念し、20年分の作品を集めた。

ぷっくりした体に、ふわりと広がる尾びれ。透き通るようなうろこ。日本人は枡が酒器だと知っているので、枡の中は日本酒だと思い込む。当初は本物だと思い込んで怒る人もいたという。

立体的で写真のようにリアルな金魚だが、実は作家の脳内にいる「空想の金魚たち」。透明樹脂にアクリル絵の具で描く独自の技法で知られ、本書では技法の解説や初期作品と現在との比較も行っている。金魚をめでる心をくすぐる一冊。(芸術新聞社・通常版2750円)

産経新聞
2022年7月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加