大掃除がダイエットに!? 掃除×筋トレで部屋もカラダもキレイになる「美そうじ」

インタビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日5分で家じゅうどこでもダイエット やせる掃除!

『1日5分で家じゅうどこでもダイエット やせる掃除!』

著者
清田真未 [著]
出版社
かんき出版
ISBN
9784761272975
発売日
2017/11/03
価格
1,188円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

大掃除がダイエットに!? 掃除×筋トレで部屋もカラダもキレイになる「美そうじ」

[文] 山岸美夕紀

毎日5分の家の掃除をしながら、筋トレもできてしまう――そんな「美そうじ」を開発し、広めている清田さん。実践した方々から、「やせた!」「健康診断の結果が改善した!」といった反響が続々届いている「美そうじ」をまとめた、清田さん初の著書『1日5分で家じゅうどこでもダイエット やせる掃除!』についてお聞きしました。

 ***

――本書は、どのような経緯で生まれたのですか?

私は整理収納・掃除を生業としているのですが、片づけや掃除をする中で自然と体が引き締まってきたことに気づき、「掃除」と「ダイエット」を掛け合わせることができるのではないかとずっと考えていました。そんなときにご縁があり、愛知県立大学でスポーツ健康医科学を研究されている稲嶋准教授と出会ったんです。私がこの構想をお話ししたところ「それはいいね! 絶対できるよ」と大いに盛り上がりまして。それまでは私の自己流だったのですが、そこから専門家である先生と共に、徐々に「美そうじ®」のプログラムを作り上げていきました。
それをこのたび、またご縁があって本にまとめることができ、とても感謝しています。

――現在は整理収納・ハウスクリーニングの会社などを経営され、美そうじコンサルタントとして、テレビなどの各メディアでも活躍されている清田さんですが、最初から片づけや掃除が得意だったわけではないのですよね?

はい、以前の私は片づけ・掃除が驚くほど苦手なダメ主婦だったんです。それはもうひどいレベルで、家の中は廊下まで物だらけのケモノ道、お風呂中にはカビが生え、ふとんは敷きっぱなしという具合。私も家族もいつもイライラして、夫とは小さなことでケンカしてばかりでした。
でもある日、そんな自分を変えようと一念発起。整理、収納、掃除を基礎から徹底的に学びはじめ、とうとう整理収納清掃(3S)コーディネーター、ハウスクリーニング士の資格を取得するまでになったんです。家がきれいになると、気持ちがスッキリし、家族にも笑顔が増えました。さらに、体も引き締まっていいことづくめ。
ですから、私も片づけや掃除が苦手な人の気持ちがよくわかりますし、そんな人々でも取り組めるプログラムを目指しました。

――本書には、トイレットペーパーの芯を掃除機のノズル代わりにしたり、紙袋を収納BOXにするなど、役立つ“掃除・片づけのワザ”と“筋トレ”の両方の要素がぎゅっと詰まっています。どんな方に読んでいただきたいですか?

お家が片付いていなくてイライラ・モヤモヤしている方、忙しい主婦の方、それからダイエットに興味がある方。そんな方たちに、毎日たった5分の「美そうじ」を習慣化することで、「家も自分もキレイになって一石二鳥だよ」ということを伝えられたらと思っています。
さらに、スポーツジムなどに通っている方にも読んでもらいたいですね。だって、「美そうじ」はお金もかけずに家で簡単に筋トレができるんですから。
今ではたくさんの方にこの「美そうじ」を実践していただいていますが、みなさん、取り組む前と後では表情がガラリと変わるんですね。すごくいい笑顔になります。
最初は片づけからですが、そこから「掃除もしたい」、さらに、「自分もキレイにしたい」というふうに、どんどんいい“欲”が出ていくんです。そんな方を、これからもどんどん増やしていきたいと思っています。

――特にオススメの「美そうじ」はどれですか?

掃除機を持ちあげる掃除機がけや窓拭き掃除、テーブル拭き掃除などどれも本当にオススメですが、やっぱり床拭き掃除は「すごく効いた!」という声が多いですね。
ひざを折って足に体重を乗せながらしゃがむことで、大きくて重い大腿四頭筋と大臀筋を効果的に使うことができます。最近では筋力が衰えていてしゃがむことができない方も多いそうですから、の床拭き掃除は非常に有効だと思います。筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がり、やせ体質になりますよ。

やせる掃除機がけ初級編と上級編
やせる掃除機がけ初級編と上級編

ダイエット効果はもちろんのこと、健康診断の血液検査で悪い数値が出たけれど美そうじのおかげで改善した、という方もいらっしゃいました。掃除が美と健康につながるなんてとても嬉しいですよね。

――清田さんの初めての本になりますが、作成する中で苦労などはありましたか?

苦労というのはあまりなくて、撮影や取材の現場はすごく楽しかったですね。
ただ難しかったのは、体の動きの部分。読んでくださる方にわかりやすいように、編集の方たちと一緒にトレーニングの動きをひとつひとつ丁寧に確認していきました。トレーニングの難易度が高すぎたり負荷が低すぎたりと偏りがないよう、掃除と筋トレのベストなバランスを模索し、いいものに仕上がったと思います。
それから、編集担当の方は「類書がない新ジャンルなので、まずどこの棚に置くのか」といったことを悩んでいらっしゃいましたね。最終的に「やせる掃除!」というダイレクトなタイトルをつけてくださって、書店でも目立つのではと思います。

清田真未
清田真未

――では最後に、オススメの本をお教えください。

ある方からオススメされて読んだ『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略』です。
本書では、長寿の方が増え続けていて、近い将来には多くの人が100歳以上まで生きる100年時代が訪れると説いています。
これからどんどん掃除・片づけ業界というのも変わっていくでしょうし、生前整理というようなニーズも増えていくでしょう。そんな中で、どういったことをやっていくべきか、といったことを考えさせられました。
また、私は、女性の起業の応援をしたり、シェアオフィス経営などもしていて、その中で年配の方々とお知り合いになる機会があるのですが、素晴らしいスキルや知識を持たれているのに眠らせてしまっている状態の方がとても多いんです。定年後にもそういったスキルや知識を活かせる場が必要だなあと常々思っているところでした。
そういったみなさんに活躍してもらえる場を、私なりに提供することができたら。その方法を、これから模索していきたいと思っています。

――ますますのご活躍を期待しています。本日はありがとうございました。

かんき出版
2017年11月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

かんき出版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加