【気になる!】コミック 『だれかに話したくなる あやしい植物図鑑』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だれかに話したくなる あやしい植物図鑑

『だれかに話したくなる あやしい植物図鑑』

著者
菅原 久夫 [監修]/白井 匠 [著]/クリハラタカシ [著]
出版社
ダイヤモンド社
ジャンル
自然科学/生物学
ISBN
9784478102619
発売日
2019/07/12
価格
1,100円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】コミック 『だれかに話したくなる あやしい植物図鑑』

[レビュアー] 産経新聞社

 強すぎたり、変な形だったり。進化の方向性が人類には理解しがたい約100種の「あやしい植物」を、漫画や文章で紹介する。

 物語の主人公は、自身の平凡さに悩むドングリ。世界一巨大な生物といわれる「オニナラタケ」や、長いものは2千年も生き続ける「キソウテンガイ」など、多種多様な植物たちと触れ合うことで「あやしさ」を学ぶ。だが、話の終盤でそのドングリも恐るべき“陰謀”を隠し持っていることが明らかになり…。自然の偉大さ、奥深さに改めてため息をつきたくなる。(菅原久夫監修、白井匠・クリハラタカシ絵、ダイヤモンド社・1000円+税)

産経新聞
2019年8月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加